横浜・神奈川・東京・千葉の屋根外装工事専門会社、しっかりした屋根外装工事を低価格で!まずは屋根外装工事.comにお電話ください!

屋根外装工事.com

JIOのかし保険
安心リフォーム辞典 屋根・壁ドクター いい屋根リフォーム
石粒付鋼板屋根材

屋根カバー工法(重ね葺き)

既存の屋根に新しい屋根を被せる方法で、解体工事がほぼ不要となり廃材がほとんど出ません。
二重屋根なので耐熱性にすぐれているほか、解体費用がかからずコストが抑えられるなど様々なメリットがあります。
葺き替えは解体時に大きな音やホコリが立ち、手間も掛かりますが、カバー工法ならそのようなこともありません。廃材が少ないのでエコなリフォームです。

カバー工法(重ね葺き)の特徴

スピーディー 既存の平版ストレートの撤去工事がないのでわずか数日で屋根を新しくできます。
らくらく 既存の平版ストレートに重ねて施工しても、1 坪当たり83 キロの重量ですので、お家にやさしい工法です。
経済的 古い平版ストレートの撤去費と処分費のコストが削減できますので、家計にやさしい工法です。
環境配慮 古い平版ストレートに重ねて施工しますので、廃棄処分材が殆ど出ませんので、環境や近隣にやさしい工法です。

カバー工法の可能な屋根と、カバー工法が出来ない屋根

金属やスレートの屋根はカバー工法に向いていますが、瓦屋根は向いていません。
また、太陽光発電等を設置している場合も同様に不可能なケースがございます。
当然ながら、カバー工法は既存の屋根に被せるため、屋根が大きく劣化している等の理由で施工できない場合があります。 その際は必要な部分を補修し対応する事も可能です。
屋根外装工事.comは屋根の状態に合わせた適切な施工をご提案しておりますので、お気軽にお問い合わせください。