横浜・神奈川・東京の屋根外装工事専門会社、しっかりした屋根外装工事を低価格で!まずは屋根外装工事.comにお電話ください!

屋根外装工事.com

カテゴリー

最新記事バナー
JIOのかし保険
安心リフォーム辞典 屋根・壁ドクター いい屋根リフォーム
石粒付鋼板屋根材

間違いないリフォームへの近道

リフォームを成功させるためにとても大切なことはお客様身が確信をもって納得して進めることです。ただ単に値段でだけ決めるのではなく、業者さんが予算にあった商材を提供してくれるかどうか、お客様に対し、親切・丁寧に比較対象や危険性などの説明があるかどうかなども考慮して下さい。

もちろん値段によって質も異なってくるため、お客様の用途と照らし合わせその説明を受けているかどうか。一方、値段は安いが耐久性は10年、もう一方は値段は高いが耐久性はしっかりとメンテナンスすれば一生もつなど商材によっても様々です。

お客様は一生もつと思っていても、実は耐久背が10年といったこともザラにあります。誠意をもってしっかりとした説明をしてくれる。そういった業者さんとお付き合いすることをお勧め致します。

ご自宅に合った適切リフォームを!

リフォームにはお客様ごとに適正な値段があります。数年後に建て替えの予定があるにも関わらず、何十年も持つ高品質な商材を使われるのはとてももったいないことですし、お客様の意図を共有出来ていないプロとは言い難い仕事と言えます。

逆に塗装の際に戸井の劣化に気付き、その点をアドバイスしてくれるような親切な対応が出来る業者とお付き合い出来れば、お客様のことを考えて提案が出来るプロの仕事と言えます。

また、屋根の表面素材の説明だけで下地に何を使っているか説明されず見えない部分で手をぬかれてしまわれた場合、屋根材が最高級でも下地に貧弱な素材を使われるなど、いくら良いものを使っても意味がなくなってしまいます。

そのため、まずは細かい施工の説明やどういうものを使うか一つずつ説明してくれる業者さんを選ばれるのが大きなポイントです。でないと大切な家をメンテナンスしたはずが、後々いたるところから様々な落とし穴にはまってしまいます。
成功実績の現場があるかどうか事前に確認し、誠意をもって対応してくれるかどうかという点はとても大きなポイントです。

下地素材の品質が悪い

屋根の表面の材料はしっかり説明してくれるけれども下地の素材については説明がない場合あります。
下地素材にも耐久年数や防水力など様々素材があるのでそれによって思いもよらない雨漏れ発生することもあります。

解決方法

お客様自身から聞くのではなく、業者さんからどういう内容の施工を行い、どういう下地を使うか、施工の手順も含め説明してくれる業者さんと付き合うことが大切です。
最低でも見積もりに素材のメーカー・商品名が記載されているか確認して下さい。

太陽光の取り付けによる雨漏り

太陽光の取り付け工事によって屋根に穴があき雨漏りがおきてしまうことがあります。
屋根の業者さんだけではなく、ご契約を焦らせる業者さん太陽光の業者さんにも注意が必要です。

解決方法

トータル的に家のことを考えてくれてアドバイスしてくれる業者さんかどうか屋根のことが詳しい業者さんであれば屋根に穴をあけないで別の方法で太陽光をのせることが出来るので事前の確認が必要です。